NEWS

TV放送のお知らせ テレビ朝日「あなたの駅前物語」に、扇田駅(秋田県)が「比内地鶏と十和田石の駅前」として取り上げられました。番組内では弊社の事業についても取材を受けました。TV朝日オンラインで配信されています。(配信期間:2019年2月7日 23:10まで)是非ご覧下さい。こちらから>> TV朝日オンライン

  • 2/9(土)10(日)「ヒナイグリーン®砕石現場見学会&研究報告会」を秋田県の大館市の中野産業本社工場にて行います。砕石現場見学会では普段はなかなかお見せできない坑内掘の現場も見学していただける予定です。研究報告会には宿泊込でのご参加をお願いしております。詳しくはこちらをご覧ください。ヒナイグリーン砕石現場見学会&研究報告会ご案内(PDF)

  • ■ ニュースはこちらのfacebook ページでもご案内しております。よろしければご利用ください。https://www.facebook.com/towadagreentuff/



    十和田石(ヒナイグリーン®)は1000万年前の海底で火山が噴火し、その火山灰が海底で堆積し凝固したものです。緑色凝灰岩(グリーンタフ)に属していますが、その特徴はとてもユニークなものです。

    十和田石(ヒナイグリーン®)は、水に反応しイオン化されたミネラルを溶出し、淡い緑色は「二価鉄」の色を反映し、珪酸を骨格とする多孔質構造を持つ珪酸塩鉱物です。水溶液中ではカルシウムイオンが溶出しやすく弱アルカリ性を示します。多孔質構造には有用微生物が定着します。

    世界で唯一、秋田県大館市比内町の薬師森(山)でのみ埋蔵が確認されています。





    HINAI GREEN

    ヒナイグリーン®の特徴




    「成分組成」アイコン

    成分組成 »

    十和田石(ヒナイグリーン®)は珪酸塩鉱物に属します。水に反応しイオン化されたミネラルを豊富に含みます。

    有効成分分析アイコン icon

    有効成分分析 »

    水溶液中で弱アルカリ性を示します。ミネラルは、植物や微生物に取り込まれやすい状態になっています。

    「pH調整」アイコン

    pH調整 »

    十和田石を土壌へ混和することで、酸性土壌をアルカリ側へ緩衝する効果が期待できます。

    「多孔質構造」アイコン

    多孔質構造 »

    珪酸を骨格とする多孔質構造であり、そこには二価鉄が分散されています。

    「アンモニア吸着」アイコン

    アンモニア吸着 »

    多孔質構造はアンモニア吸着能に優れており、鶏舎やペットの敷床に使用するとアンモニア臭を低減します。

    「微生物環境」アイコン

    微生物環境 »

    十和田石(ヒナイグリーン®)の多孔質構造には有用微生物が定着します。土壌微生物の多様性を向上させます。




    CATALOG

    弊社の資料はこちらからダウンロードしていただけます。

    リーフレット
    「TGA / 会社・製品案内」

    「TGA」リーフレット・サムネイル
    • TGAについて・3折リーフレット
    PDFをみる

    製品カタログ
    「ヒナイグリーン®」

    「ヒナイグリーン」カタログ・サムネイル
    • ヒナイグリーン®・カタログ
    PDFをみる

    製品カタログ
    「ヒナイソイルマックス」

    「ヒナイソイルマックス」カタログ・サムネイル
    • ヒナイソイルマックス・カタログ
    PDFをみる


    グループ企業の中野産業株式会社は十和田石と共に、建築石材だけにとどまらず、土壌改良材として認められるなどの、機能性を生かした環境石材としての使命を含め、発展に努力し全うしています。

    豊かな自然が育んでくれる全てのモノ、全ての出来事、人と人との繋がりを大切に・丁寧に・慎重に紡いでいける世界を目指して秋田県大館市比内町から世界に向けて発信していきます。